チーズ

しじみに含まれるグルタミン

しじみの含む多くの栄養素の中のひとつであるグルタミンは非必須アミノ酸ですが、人体の骨格に含まれていて、筋肉の強化や疲労回復に効果があるとされています。
すなわちグルタミンの効用は、そのほかにも免疫力を高めたりアルコール分の肝臓での代謝を助ける、傷の治癒力があるなど多彩です。

しじみは数多くの栄養素を含んでいて、そのどれもが健康に良いとされています。
そノ栄養素のひとつがグルタミンで、この成分は非必須アミノ酸であり人体の骨格にも含まれています。
グルタミンの効能は、腸の働きを助けること、筋肉を強化すること、免疫力を高めること、アルコール成分の分解能力を高めること、そして傷の治癒に効果があることなどです。

すなわち、このどれもが健康の維持には必要なことであり、グルタミンは体内のたんぱく質の分解を抑制するので筋肉の維持に役立ちます。
また腸の働きを整えることも重要な効果です。
さらに言えばグルタミンは細胞を柔軟に保つことで認知症の予防をしますし、体内の潰瘍の回復をサポートする効果もあるとされています。

ただしグルタミンの弱点は加熱で変化することで、したがって加熱された食品類からの摂取ができないという問題があります。
そこでグルタミンの摂取は加熱された料理ではなくエキスを抽出したサプリメントでの摂取が一般的とされています。
これはグルタミンの特性がストレスや風に弱いことと熱に弱いことに起因していますが、ここでの問題だけではなく、ほかの栄養素も加熱すると消滅するものはいくつもありますから、サプリメントの重要性の一例がグルタミンと言えるでしょう。

しじみは多彩な栄養素を含んでいて、その中には人体と健康に必要なグルタミンも含まれています。
ただしグルタミンは熱などに弱いので熱処理をされた食材からの摂取ができないという弱点があり、したがってしじみに含まれるグルタミンはサプリメントでの摂取にならざるを得ないのが実情のようです。