チーズ

しじみは髪の毛にいい

しじみは髪の毛にいいという報告例が数多くあるようで、なかには育毛に成功したとか、髪の毛が丈夫になったという話があります。
一体しじみの何が髪の毛にいいのでしょうか。
その答えはオルニチンというアミノ酸に隠されているようですから、ここでそれを検証しましょう。

しじみはなかなか順調に市場を流通していないようですが、その成分であるオルニチンが育毛に良いこと、つまり髪の毛に良いことがいろいろな報告例で実証されています。
すなわち育毛ができた、髪の毛質が強くなった、髪の毛が太くなったなどという実例があるようです。

では一体何がこのように髪の毛にいいのかと言いますと、それはしじみに多く含まれているオルニチンというアミノ酸だということが分かりました。
オルニチンが肝臓や腎臓に良くアルコール類の飲み過ぎに効果的だとか、肌の新陳代謝に効果的であるとか、さまざまなメリットが分かってきていますが、そこにさらに髪の毛にも良いということが発見されたのです。

この話は真面目に実証されていますから、育毛や薄毛で悩んでいる人には朗報と言えます。
ここで少し科学的な検証の結果をみますと、オルニチンには頭皮環境を改善する効果と髪の毛の毛母細胞を活性化させる効果があるそうです。
また髪の毛はケラチンというタンパク質で作られていますが、ケラチンの合成に必要なのが亜鉛で、これが不足すると抜け毛になります。
さらに育毛に必要なビタミン類の中にビタミンB12がありますが、しじみには亜鉛とビタミンB12も豊富に含まれているのです。
これで分かったことは先に述べた報告例はまさに本当だということです。

しじみが髪の毛にいい、つまり育毛効果があることが実証されています。
これはオルニチンというアミノ酸が亜鉛やビタミンB12と相まって相乗効果を発揮するからだと考えられますから、これは育毛で悩む人には嬉しい報せと言えます。
もしかするとこの成分を含む育毛剤やサプリメントが人気を呼ぶかもしれません。