チーズ

しじみを食べて若返り

しじみは昔から日本の食卓では当たり前の食材ですが、最近はしじみの効能
が見直されています。
そのひとつが若返りに良いということで、それは含まれている成分のオルニチンというアミノ酸が体内でさまざまな働きをするからだとされています。
オルニチンは肌の細胞の新陳代謝を助けたり成長ホルモンの分泌を促すとされています。

しじみの効能は肝臓の働きを助けることが以前から知られていますが、最近になり若返りにも効果があることが分かりました。
それは含まれているオルニチンというアミノ酸が肌の細胞分裂を活性化する美容効果です。
肌の代謝が活性化するとシミやシワを改善するので美肌になるというわけで、さらに髪の毛や爪も元気にするとのことです。

オルニチンは成長ホルモンの分泌を促す作用もあるとのことで、それがひいては効率の良いダイエットにもつながるそうです。
また、しじみにはタウリンが豊富に含まれていて、タウリンが肝臓での脂肪を無理なく燃焼する作用があり、同時に肝機能を高めるので悪玉コレステロールを抑制して血液を浄化するそうです。
血液が凝固すると糖尿病や高血圧などの生活習慣病になるリスクがありますが、それを防ぐ働きがあるのです。

血液がサラサラになり血流が良くなると代謝能力が高まるので、しじみに含まれているオルニチンとタウリンが美容面で効果があるのです。
また亜鉛は美肌ミネラルで、しじみに含まれています。亜鉛とビタミンCがコラーゲンを作り、メラニン代謝を促すので肌荒れを改善する効果があります。
こうしてみますとオルニチンというアミノ酸は若さの素とも言えそうで、その成分をたくさん含むしじみが若返りに役立つという話はまさに画期的なことと言えるでしょう。

しじみにはオルニチンと言うアミノ酸やタウリン
その他亜鉛や鉄分が含まれていて、オルニチンが肝臓に良いことは分かっていましたが、最近の研究で、オルニチンが肌の細胞の代謝を助けることが分かりました。
肌の細胞代謝を促進させるということはすなわち若返りですから、美容業界で話題になるのも当然と言えるでしょう。
また、気になるしじみの副作用についても参考にご覧ください。